中国・四国の温泉5選

中国・四国地方の一度は行ってみたいおすすめの温泉です。

1 道後温泉(愛媛県)

「日本書記」にも記載がある日本最古の温泉の一つです。夏目漱石の小説『坊ちゃん』に描かれています。温泉街の中央にある本館は、明治27年に建築されたレトロな建物で、宮崎駿監督のアニメ『千と千尋の神隠し』のモデルと言われています。

 

 

2 玉造温泉(鳥取県)

玉造温泉(たまつくりおんせん)は、玉湯川沿いに桜並木と数寄屋造り高級旅館が建ち並び、歴史を重んじた落ち着いた風格を見せる。松江城や出雲大社に近く、観光拠点になっています。

 

 

3 三朝温泉(鳥取県)

三朝温泉(みささおんでん)は、平安末期の開湯と言われています。石畳が敷かれた温泉本通りは情緒ある温泉街です。

 

 

4 皆生温泉(鳥取県)

皆生温泉(かいけおんせん)は、米子市街の北東部の弓ヶ浜皆生海岸に面する山陰最大の温泉地です。

 

 

5 こんぴら温泉郷(香川県)

こんぴら温泉郷は、平成9年に温泉が発見されました新しい温泉地です。JR「琴平駅」から金刀比羅宮本宮へと続く一帯に立ち並ぶ宿で温泉が利用されています。