九州の温泉5選

九州地方の一度は行ってみたいおすすめの温泉です。

1 由布院温泉(大分県)

由布岳の麓に純和風の老舗旅館が点々と佇む温泉地です。源泉数は約900本、湧出量全国第3位です。

 

 

2 別府温泉(大分県)

町のあちこちから湯煙が立ち上る温泉郷です。「別府八湯」と呼ばれる別府、浜脇、観海寺、堀田、明礬、鉄輪、柴石、亀川の8つの温泉地は、それぞれ異なった泉質を楽しむことができます。赤色の「血の池地獄」や青色の「海地獄」などを巡る「地獄巡り」が有名です。


 

3 黒川温泉(熊本県)

田の原川の渓谷の両側に和風旅館が建ち並ぶ渓谷の温泉地です。歓楽的要素や派手な看板を廃して統一的な町並みの着いた雰囲気が人気です。

 

 

4 指宿温泉(鹿児島県)

指宿温泉(いぶすきおんせん)は、摺ヶ浜温泉)、弥次ヶ湯温泉、二月田温泉などの温泉群の総称です。地下を流れ出る温泉で温められた砂を利用する摺ヶ浜の天然砂むし温泉が有名で、旅館ホテルが多くあります。

 

 

5 嬉野温泉(佐賀県)

嬉野温泉(うれしのおんせん)は、約1200年の歴史を持ち、温泉街は九州でも有数の大きさです。シーボルトも利用したという「シーボルトの湯」の公衆浴場があります。