浅草(あさくさ)は、、浅草寺を中心に江戸の雰囲気が感じられる東京の下町の代表で、江戸時代から繁華街として栄えて来ました。

見どころ

浅草寺

浅草寺(せんそうじ)は、本尊が聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)であることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」とも呼ばれます。

 

 

雷門

雷門(かみなりもん)は、浅草寺の山門で、中央に吊り下げられた赤い大提灯が浅草のシンボルになっています。正式の名称は「風雷神門」で、右側に風神、左側に雷神が配されています。

 

 

仲見世

仲見世(なかみせ)は、浅草寺の表参道の商店街です。雷門から宝蔵門まで約250mにわたって両側に朱塗りの店舗が並んでいます。

 

 

 

隅田川クルーズ

浅草から吾妻橋や清洲橋など色や形の個性的な橋の下を通りながら隅田川を下る船旅です。

 

 

その他の見どころ

花屋敷など、まだまだ浅草の見どころは沢山あります。