成田の羊羹

成田の羊羹

 成田山の体表的なお土産の栗羊羹は、明治十五年に新勝寺の精進料理の一つとして出された「栗かん」をヒントに作られたのが始まりと言われています。

 明治末期には20軒以上の羊羹屋さんがあったそうですが、現在製造をしているのは米屋、柳屋、米分の3銘柄になっています。

製造販売

なごみの米屋総本店

なごみの米屋総本店

明治32年創業。成田で最も有名なお店です。

 店内には、喫茶コーナーや無料休憩スペースもあります。

 

 

 

成田柳屋本店

成田柳屋本店

成田柳屋本店は、明治三十年創業以来、羊羹を製造・販売しているお店です。

【開運キップ提示】1,000円以上の買い物で5%割引、、2,000円以上で10%割引

 

 

米文

鰻福亭

大正8年創業で、栗蒸虫羊羹の元祖だそうです。

 

 

 

ウナギへ←  ⇒漬物・佃煮へ