関東おすすめ温泉地

一全国の度は行ってみたい、おすすめの温泉です。

おすすめ10選

1 箱根温泉(神奈川県)

芦ノ湖、大涌谷、仙石原のススキ、箱根登山鉄道、ロープウエイと見どころが多く、箱根20湯と呼ばれる多くの温泉地があります。

 

 

2 草津温泉(群馬府)

【日本三名泉】湧き出た高温の湯を7本の木樋に通すことで冷やす湯畑が有名な温泉地です。

 

 

3 熱海温泉(静岡県)

熱海温泉(あたみおんせん)は、東海道新幹線も停車する熱海駅近辺から海岸沿いの広いエリアに温泉街が広がっています。かつては団体旅行でにぎわう温泉として全国に有名だったが、現在は交通の便の良もあり、個人旅行で人気の温泉地になっています。

 

 

4 湯河原温泉(神奈川県)

万葉集にも詠まれた古湯です。明治時代中頃からは、 夏目漱石や島崎藤村を初め多くの文人、画家が訪れています。奥湯河原には高級旅館が多数あります。

 

5 鬼怒川温泉(栃木県)

鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、江戸時代の1692年に発見されたと伝えられています。当初は、日光御神領で日光参拝の大名などしかしか入浴できなかったが、明治以降は一般にも開放されました。鉄道の開通により大きな温泉地となりました。

 

 

6 河口湖温泉(山梨県)

河口湖温泉(かわぐちこおんせん)は、富士五湖の一つの河口湖畔ににある、1994年に温泉が発見された新しい温泉地です。

 

 

7 白骨温泉(長野県)

白骨温泉(しらほねおんせん)は、鎌倉時代に湧出したという、数百年の歴史を持つ、山間にひっそりと佇む秘湯。単純硫化水素の湯は湯口では透明に近く空気に触れると白濁になる。

 

 

8 修善寺温泉(静岡県)

807年に弘法大師が開いたとされる伊豆最古の温泉で、修善寺を中心に温泉街がある落ち着いた温泉地です。

 

 

9 伊香保温泉(群馬県)

伊香保温泉(いかほおんせん)は、万葉集や古今集などにも登場する歴史ある温泉地です。長い石段の両側にお店が並んでいて、開湯以来の源泉の「黄金の湯」と、平成になって掘られた「白銀の湯」の2つの源泉があります。

 

 

10 犬吠埼温泉(千葉県県)

犬吠埼温泉(いぬぼうさき おんせん)は、関東最東端に位置し、富士山頂と離島を除いて日本一早い日の出で有名な犬吠埼の海岸にあります。無色透明でしょっぱめのお湯です。銚子漁港の新鮮な海の幸も魅力の一つです。

 

 

 

地域の温泉ランキング